補聴器の乾燥・除菌・脱臭・管理を一台でまかなえます!

補聴器乾燥器クイックエイド

クイックエイド

【主な特徴】

●使い方が簡単

●小型で高性能

●保管にも便利


【商品説明】

電池をはずした補聴器をケースに入れ、ふたを閉じ、クレイドルに設置して頂いた後に電源ボタンを押しますと60分間の自動運転を行いますので、簡単な手順や操作で補聴器を清潔な状態に致します。
また運転中は電源ボタンの横の赤いランプの点灯と内部紫外線LEDの薄紫の発光がしますので状況確認も一目でわかる仕様となっております。

クイックエイド_使用方法

ふた部分に搭載された循環ファンがケース内に風を送り、ケース底に入れる水分を素早く吸着させる特徴を持つ特殊乾燥剤との相乗効果で素早く確実に補聴器を乾燥する造りになっています。
また運転中はふた内部の紫外線LEDも点灯し、乾燥と同時に除菌も行いますので、ので、毎日気持ちよく補聴器をご使用いただけます。
なお特殊乾燥剤と一緒にセットするハイブリッドシート(活性炭や水酸化チタン、ごく微量のヨウ素などを配合し、クイックエイド専用に開発された複合素材)の効果で、補聴器についた汗や体臭などを強力に脱臭します。

補聴器からはずした電池は上部ありますマグネットシートを使い自動運転中に置いておくことが可能となっておりますので、入浴や就寝などではずされた時でもクイックエイドを保管場所として便利にご使用することができるかと思います。


【商品ポイント】

●電池使用時にACアダプタを接続したクレイドルに設置をしますと、電源供給が自動的に電池から切り替わりますので、併用してのご使用ができます。
またクレイドルでの電源供給の場合は約100回(60分)の自動運転で1ヵ月の電気代が約1円と省エネ仕様となっております。
※電池をご使用の場合は1日1回(20分)の自動運転で約1ヵ月が交換の目安となっております。

●循環ファンの稼働音はとても静かですので、テレビ鑑賞や会話、睡眠などを妨げるような心配は少ない造りになっております。

●クイックエイドの耐久年数は約5年を目安に設計されていますので、長期にわたり愛用頂ける機器となっております。
なお、『クイックエイド本体』『専用ケース』『クレイドル(ACアダプター付属)』『消耗品セット』など、単体での購入も可能です。
クイックエイド_単品 ※『クイックエイド本体』と『クレイドル(ACアダプター付属)』は色がクリスタルホワイトのみになります


【主な仕様】

クイックエイド(本体)
型番:QA-150F
サイズ:直径74mm×高さ84(mm)
重量:約185g
電源:単四形アルカリ乾電池×2本(別売)
乾燥方式:ケース内循環ファン+特殊乾燥剤
除菌方式:紫外線LED+ハイブリッドシート
脱臭方法:ハイブリッドシート

クレイドル(電源供給装置)
型番:QAC-70
サイズ:直径70mm×高さ60mm
重量:約40g
電源:AC100V 50-60Hz

消耗品セット
型番:QDH-601
セット内容:ハイブリッドシート×1/特殊乾燥材×1/湿度検知紙×1


【よくある質問】

Q1:クレイドル使用時と電池使用時で運転時間が違うのは?
A1:電池の消耗を抑えるため運転時間が異なっておりまが、スピード乾燥仕様ですので20分間でも充分な効果が得られます。
ただし除菌と消臭に関しましては60分の運転のほうがより効果を得られるため、クレイドルを使ったACアダプターでの電源供給をお勧めいたします。

Q2:運転中の紫外線は見ると目によくないですか?
A2:クイックエイドのケースは紫外線カットを施した素材ですので見るぶんには問題ないかと思います。
なお、完全に紫外線を遮断するものではありませんので、長時間紫外線の光を見続けること避けてください。

Q3:ハイブリットシートなどの交換時期は?
A3:1日1回の自動運転で約2か月間ご使用頂けます。
※湿気の多い季節や場所、環境や使用頻度で短くなる場合があります。
なお、湿度検知紙には『使用開始日』が書き込めるほか、変色により交換時期が目で見てご確認して頂ける仕様になっております。

クイックエイド_消耗品

カインドリネスの通販サイトにて販売しております!
(パソコン)https://www.kind-fukushi.net/sale/18_661.html
(スマートフォン)https://www.kind-fukushi.net/cgis/s_goods_detail.cgi?CategoryID=18&GoodsID=661
※上記は【クイックエイド クレイドルセット(クリスタルホワイト)】ですが、他のカラーもございます。

また、今回ご紹介いたしました機器は弊社体験ルームでのお試しやお貸出し対応も行っております

ご不明な点などございましたら、メールやファクシミリ、お電話にて担当までお気軽にお問合せ下さいませ。

電話      ファックス