屋内信号装置と無線で連動できる火災警報器

火災警報器まもるくん移報アダプタを含めて最大で16台までの住宅用火災警報器を無線で連動させることが出来る火災警報システム【まもるくん10】を各部屋に設置しておき、どこかの部屋で火災の発生を感知した場合にすべての警報器が連動して反応します。移報アダプターをベルマン火災警報発信機と接続することで、ベルマンビジットシリーズの各種受信機に火災の発生を知らせることが可能となります。

移報アダプターとは火災警報器の一種ですが火災の発生を感知する機能はありません。火災警報器が火事を感知したことを他の警報装置に対して有線で伝える装置です。移報アダプターはベルマンビジットシステムシリーズにある【火災警報発信機】と接続することが出来るので、万が一の火災発生時に屋内信号装置ベルマンビジットの各種受信機に信号を送り火災の発生をお知らせします。

ベルマンビジットシステムの各種受信機には光や振動バイブレーション、音などで通知をするので、耳の遠い高齢の方や耳の不自由な聴覚障がい者の方の火災警報としても有効です。

自治体によっては聴覚障害者用屋内信号装置、火災警報器といった日常生活用具の給付の対象となる場合がございますので、市区町村の福祉課など担当窓口に事前相談してみてください。また、日常生活用具の給付を申請する際に必要となる見積書や商品案内などは福祉用具販売【カインドリネス福祉ネット】通販ショップの担当までお気軽にお申し付け下さい。出来る限り迅速に作成、発送させていただきます。

【無線連動式とは】

複数の火災警報器を設置してその内のどれか一つでも火災の発生を感知するとすべての警報器も反応して、他の部屋の火事を知ることが出来るものです。

【取り付けについて】

壁への設置は付属の木ネジを壁に取り付けてフックに引っ掛けるだけで設置可能です。天井に設置する場合は台座をドライバー等を使用し先に取り付けて警報器の本体を台座にはめるだけで簡単に設置することが可能ですので、特別な工事などは必要ありません。移報アダプタについてはベルマン火災警報発信機とケーブルで接続して壁面の低い場所に設置することが可能です。

【住宅用火災警報器】は【カインドリネス福祉ネット】通販ショップにて販売しております↓

https://www.kind-fukushi.net/sale/

電話      ファックス