2.4GHzと赤外線とBluetoothとの比較表

【障害物にも強い2.4GHzデジタルワイヤレス方式】
最大約30メートルまでの範囲内でワイヤレスにてテレビやオーディオなどの音声を楽しむことができます。
壁などの障害物にも強い2.4GHzデジタル方式を採用し従来の方式と比較して多くのメリットがあります。

2.4GHzデジタル方式 赤外線方式 bluetooth方式

音質が良い:非圧縮デジタル伝送なのでCDなみの高音質

ノイズが入りやすく音質が良くない デジタル方式なので比較的良いが音源を圧縮する為、若干劣化する
障害物に強い:ドアや壁越しであっても伝わる 弱い。間に障害物があると伝わらない 比較的強い
伝送できる距離が長い:最大約30メートル 約7メートル 約10メートル
伝送角度を選ばない:音声などを聞く場所を自由に選べる 送信機の正面左右約45度に限られる 転送角度を選ばない◎
音源とのタイムラグがない:テレビなどの鑑賞に最適 ない◎ 音がワンテンポ遅れて聞こえるのでテレビなどの鑑賞には適さない

すぐに使える:ペアリング済なので接続すればすぐに使える

ペアリング等の設定は必要ない◎ ペアリングなどの設定をしないと使えない

※障害物などの影響で到達距離が短くなることがあります。到達距離を保証するものではありません

※また、2.4GHz電波帯を利用した家電製品(無線LANルーター・コードレス電話・電子レンジ)を同時に使用すると音がまれに途切れる場合があります。

※bluetooth class2の場合

家族みんなでシーンに合わせて様々な使い方が出来るワイヤレス無線

使い方はいろいろ

電話      ファックス