【避難所】用の情報伝達システム

避難所キット


耳の不自由な聴覚障がい者、難聴の方、耳の遠い高齢者の方向けの災害【避難所】用の情報伝達システム【シルォッチ:災害避難所用情報通信器】は大勢の人が集まる場所でも振動や光、文字表示などで情報や連絡事項などを迅速に伝えます。
災害時の避難所において聴覚障がい者の方や難聴、通常の放送などが聞こえずらい高齢・お年寄りの方は周囲の情報や必要な連絡などが聞こえなかったり、把握しにくく健常者の方以上に大きな負担が生じるとの声があり、耳の不自由な方の意見を参考に開発された避難場所など用の通信機器です。

【シルウォッチ:避難所キットでの連絡:例】
・食事の配給が開始された時など
・仮設トイレが設置されたり、新たな設備などが使用可能になった時
・体調を崩した時など診察の順番となった際の呼び出し
・お風呂に入れる時間となった時の案内 など

【避難所キットの特徴(シルウォッチ)】
■停電の時でも安心(乾電池の使用で約3ヶ月間)
■操作が簡単(ワンタッチで操作が出来るので安心)
■文字の情報を登録(パソコンから受信機に表示させる文字を自在に登録することが可能)
■直前の情報を呼び出しする機能(見逃してしまっても再度、通知を確認する事が出来ます)
■腕時計タイプの受信機は通常時、時計としても使用可能です
■専用ソフトにて5文字ずつ、10文字まで登録・表示できます
■通信距離は約200m(中継器を追加すると400mまで送信可能)
【聴覚障がい者・難聴・高齢者の方向けの避難所シルォッチ・システムのセット内容】
・操作ボックス×1(アルカリ6P電池9V(1本)またはAC12Vアダプタ)
・送信機×1(単四電池(2本)又はAC100V-DC9Vアダプタ)
・中継器×1(単四電池(2本)又はAC100V-DC9Vアダプタ)
・受信機×5(腕時計タイプ受信機または携帯サイズの光受信機:キューブライト)
・ネックストラップ×5
・ポスター(耳の不自由な方への受信機の貸し出し案内)
・ハードケース、電池(予備電池3か月分)、コード
【関東ろう連盟推奨品】シルォッチ避難所用キットはこちらから↓
災害避難所用情報通信器:聴覚障害者、難聴の方向け【福祉用具と機器の販売:カインド福祉ネット】
電話      ファックス