様々なタイプの受信器に警報を送信する発信機

火災警報器と送信機

移報接点を持つ住宅用火災警報器(住警器)とケーブルで接続。万一、火災が発生した際に火災警報器が鳴ると同時に発信機から無線の電波が発信され無線到達距離内にある全てのベルマンビジットシステムの受信器に対して通報します。
ベルマンビジットシステムの受信器にはフラッシュライト(光)や振動バイブレーション、アラーム音、寝ている時の振動ベッドシェイカーなどで火事の発生を知る事が出来る様々な種類の機器があります。生活スタイルや用途によってシステムを組合わせることが可能です。
耳の不自由な聴覚障がい者の方、普通の火災警報音だと聞こえずらい耳の遠い高齢の方、難聴の方向けの火災警報システムとしてお使いいただけます。日常生活用具の給付(補助金)の対象となる自治体も多いので、ご購入の検討の際は市区町村の障害福祉課などの担当窓口に事前にご相談くださいませ。火災警報器の日常生活用具の給付を申請する際に必要となる業者からの見積書の発行は【カインド福祉ネット】の担当までお気軽にお問合せ下さい。
また、煙式や熱式など無線で連動するタイプの火災警報器と発信機、受信器の組み合わせなどについても担当者までお気軽にお問合せください。(電話番号:03-3730-0600 / ファックス番号:03-3730-1958)
ベルマンビジットシステムの受信器は火災警報器との連動だけでなく日常生活において必要な情報を得るシステムとしても連動してお使いいただく事が可能です。例えば玄関チャイムの呼び鈴、電話、ファクシミリの着信、外出時の呼び出し装置など屋内信号装置と連動が可能です。
【ベルマンビジットシステムの連動イメージ】
ベルマンビジットシステム
ご不明な点やご要望などはお気軽に【カインド福祉ネット】の担当までお問合せ下さい(TEL:03-3730-0600)
電話      ファックス