障害者手帳(聴覚)の交付申請手続きと等級

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

耳の不自由な方が補聴器や火災警報器などの日常生活用具の給付など各種の援助を受ける為に必要になるものが身体障害者手帳です。手帳の交付についての相談や申請方法などの窓口は各市区町村の障害福祉課などの地域の福祉担当窓口となっております。

障害者手帳は障害のある方が身体障害者福祉法に定める障害に該当すると認められた場合に本人(保護者)の申請に基づいて交付されるものです。

・手帳の交付・変更の手続き

各市区町村の福祉窓口で確認する必要がありますが、申請には以下のような書類等を用意します。

1.障害者診断書(指定医の診断を受けたもの)

2.写真

3.印鑑

※認定された場合は約1ヶ月から2ヶ月で交付されます。

・障害者障害程度等級(身体障害者者福祉法施行規則第5条第3項別表第5号)

聴覚障害(等級・程度)

1級・・・該当なし

2級・・・両耳の聴力レベルがそれぞれ100デジベル以上のもの(両耳全ろう)

3級・・・両耳の聴力レベルが90デジベル以上のもの(耳介に接しなければ大声語を理解し得ないもの)

4級・・・1.両耳の聴力レベルが80デジベル以上のもの(耳介に接しなければ話声を理解し得ないもの)

     2.両耳による普通話声の最良の語音明瞭度が50パーセント以下のもの

5級・・・該当なし

6級・・・1.両耳の聴力レベルが70デジベル以上のもの(40センチメートル以上の距離で発生された会話を理解しえないもの)

     2.1側耳の聴力レベルが90デジベル以上、他側耳の聴力レベルが50デジベル以上のもの

7級・・・該当なし

※参考:世界保健機関(WHO)による分類基準

健聴・・25dB以下(ささやき声などもよく聞こえる)

軽度の難聴・・26~40dB(小さな声での会話が聞こえにくい)

中度の難聴・・41~55dB(普通の声が聞こえにくい)

やや高度の難聴・・56~70dB(大きな声が聞こえにくい)

高度の難聴・・71~90dB(補聴器などがなければ聞こえない)

非常に高度・・91dB以上(補聴器を使用しても聞こえない)

普通の声は約60dB(デジベル)といわれております。


よくわかる補聴器選び